HOME>アーカイブ>住むならどこが狙い目か価格相場と人気をチェック
お金と電卓

一戸建ての価格帯

大阪の新築分譲住宅一戸建ての価格帯は、全体で見ると最低価格1,390万円、最高価格34,833万円です。価格は変動するので最新情報を確認する必要がありますが、メインの地域がどのような価格帯になっているかざっと紹介しましょう。まず最高価格帯が一番高いのは羽曳野市です。ここが最高価格34,833万円を叩き出していますが、低いほうは2,150万円なのでさほどではありません。全体的に高い水準なのが阿倍野区で、最低でも5,000万円、最高で6,680万円という高い水準になっています。同じく都島区も高水準で5,090万円という高値を出していますが、このあたりのエリアはそもそも物件がほんの数件しかないため、購入は現実的ではありません。多くのエリアが3,000万円台から4,000万円台なので、おおむねそのあたりが相場と考えてよいでしょう。

人気駅と人気の理由

一概に言えませんが、大阪に住むならこの周辺がいいという声が多い駅をピックアップしてみましょう。和泉中央駅は分譲住宅の価格相場3,266万円と比較的手ごろな価格で、人気も高い駅です。泉北高速鉄道に乗入があり治安もよく住環境がいいことが挙げられます。また、根強い人気の千里中央駅は価格相場4,508万円と高めですが、どこに行くにもアクセスが抜群のためビジネスマンに高い評価を得ています。枚方市の牧野駅は価格相場2,368万円とやや手ごろで、治安がよくやや古い町並みがかえって安心するという声もあります。東大阪市の瓢箪山駅や若江岩田駅、新石切駅も実は人気で、価格相場は1,235万~1,781万円と手ごろなこともあり、各方面へのアクセスも便利なことから狙い目と言えるでしょう。

広告募集中