HOME>記事一覧>建てる匠にこだわることで満足できる住まいが造れる

住まいを遺す

木材

宮大工は、一級建築士や大工とは異なるジャンルで活躍しています。寺院や古代の建築様式に順応性があり、寝殿造り、書院造りを得意としますから、日本の伝統的な建築物のリノベ・リフォームに適した人材です。空き家となりがちなこれらの戸建て、宮大工ならば現代の和風建築物に色濃く反映させることも、古くからの純和風として遺すことも可能にします。

古さを知るから丈夫な造り

大工仕事

利用や活用法としては、敷地に合わせた構造法を提案してくれる点でしょう。宮大工は高床住居、校倉造りなど、様々な建築物の知識、技術を兼ね備えています。地震に強い家、健康住宅、そうした住まいを提案してくれますし、造りは頑丈です。

茶室造りに利用

注文住宅において、宮大工が活用できます。例えば、趣味の部屋として茶室を設けたい場合には、古くからの伝統的な茶室をリアルに再現できる匠です。ゲストをもてなすため、茶室建築の手法を取り入れることが注文住宅でならば可能になります。装飾性でも、白木、塗り壁などに家主の趣きを凝らすことができます。

売買でも得をする

今では、ハウスメーカーによる建売住宅の需要があるため、宮大工が活躍する機会は日本建築の伝統的な様式に限定されています。敷居が高いイメージもありましたが、地域密着型の工務店とタックを組むことにより、にわか大工が手がけるより評価が高い戸建てを建てることができます。結果、売却する場合に建物そのものに価値がなくとも、こだわりが垣間見えるために売却高となったり、反対に中古で購入する場合に掘り出し物としての得にもなります。

広告募集中